葬式

お葬式に不可欠な「葬儀社」の種類
お葬式には、その準備や手配をしてくれる葬儀社の存在が不可欠ですが、葬祭業は自由参入できる業界(許認可
お葬式に欠かせない「葬儀社」の選び方
葬儀社は大小さまざまありますが、選ぶ際にまず考える必要があるのは、そもそも「どのようなお葬式をしたい
遺族は葬式の主催者を決める必要があるが
家族の誰かが亡くなったら、遺族はまず葬式の主催者を決めなければいけません。
遺族の最初の務めと

最新の葬式をやらない人が増加している理由

画像
最近、葬式をやらない人が増えつつあります。
老人もですが、まだまだ50歳台の人もやらないと考えていたりします。
やらない最大の理由は葬儀にかかる費用が高額になるからです。
祭壇を作ったり、葬儀場を貸し切ったりと100万円単位のお金がかかります。
故人が払うのではなく、遺族が払うことになりますが、もし、遺産がなければかなりの出費になります。
そのため、遺族に迷惑がかかるのでやりたがらない人が増えています。
しかし、まったく行わないのも遺族に対して失礼ですので、親しい親族のみで行う家族葬という葬儀スタイルが増えてます。
さらに簡単に、海に散骨するケースもあります。
骨は法律上では産業廃棄物となるので、専門の業者に相談しないといけません。
葬式がどんどん簡素になっていく、行わなくなっていくのはお金の問題もありますが、さらには核家族化により遺族がいなくなってきているという問題もあります。
そうなりますと、共同墓地に埋葬するような簡単なスタイルになります。

漫画全巻専門店

塗るだけで窓の断熱

ビジネス文書のスキャニング代行サービス

万引き防止システムをご提供

顔認証システムiGate

最新の

画像

関連情報

Menu

更新情報

事業内容

画像
長男であっても喪主を経験することは多くありません。
ですから、喪主は何をすればいいのか分からな