葬式

最新の遺族は葬式の主催者を決める必要があるが

画像
家族の誰かが亡くなったら、遺族はまず葬式の主催者を決めなければいけません。
遺族の最初の務めと心得ておきましょう。
主催者とは喪主のことですが、基本的には誰が喪主を務めても問題ありません。
しかし、故人と最も縁が深かった人が務めるのでが普通です。
夫婦のどちらかが亡くなった場合は、配偶者が喪主になります。
ただ、高齢で喪主を務めるのが負担になると言う場合は、子供が務めても構いません。
子供が務める場合は、たいていは長男になります。
しかし、必ず長男がいるわけではありません。
娘だけしかいないこともあります。
その場合は、娘が務めればいいだけです。
葬式の喪主は男性でないといけないと思っている人がいますが、それは誤解です。
また、娘の場合は結婚をしていて故人と姓が違うと言うことも珍しくありません。
しかし、姓が変わっていても問題なく喪主を務めることができるので心配はいらないです。
親が高齢と言う人は、こう言う知識を持っておきましょう。

最新の

画像