葬式

最新の喪主は葬式の主催者ではありますが

画像
長男であっても喪主を経験することは多くありません。
ですから、喪主は何をすればいいのか分からないと言うのも不思議なことではないです。
喪主は遺族の代表になります。
葬式の主催者ではありますが、式次第を執り仕切るわけではありません。
葬式の形式を決めて、打ち合わせをしっかり行ったら、あれこれ動き回らないようにしましょう。
細かいことは親族や世話人に任せることです。
喪主の主な役割は、遺体に付き添って、弔問客のお悔やみの言葉を受け、故人にかわってあいさつをすると言うことです。
喪主があたふたしているとみっともないので注意しましょう。
ちなみに、次男や娘だからと言って、喪主になることはないと言うわけではありません。
故人の遺言で喪主をしてほしいと言われることもあります。
また、長男は別のところに居を構えていて、次男や娘は故人と暮らしていたと言う場合、長男が喪主になることは少ないです。
次男や娘でもある程度の知識は持っておきましょう。

最新の

画像